東アジア学科 News Letter 2022

クマガク、東アジア研究の最前線

外国語学部東アジア学科が年間4回、紙媒体で発行しているニューズレターの電子版です。
東アジア学科の教員(研究者)が、韓国と中国語圏を中心とした言語、文学、歴史、社会等の研究概要、コラム「東アジアへのまなざし(東アジアのあれこれ)」や「新書紹介」など東アジアの様々な情報を発信しています。

第31号 2022年8月1日発行

  • 巻頭言外国語学部長 塩入 すみ
  • 研究紹介 中国文法の基礎教育について東アジア学科教授 李 珊(中国語学)
  • 「出張日記」に代えて東アジア学科特任准教授 金 美連(比較教育学)
  • 東アジアへのまなざし東アジア学科准教授 圡井 浩嗣(朝鮮史)
  • 新書紹介|赤松美和子・若松大祐編著『台湾を知るための72章【第2版】』明石書店(2022 年)東アジア学科准教授 田上 智宜(台湾地域研究)

第30号 2022年6月1日発行

  • 巻頭言東アジア学科長 小笠原 淳
  • 研究紹介 地図を作り言語の過去の生態を探る矢野 謙一(朝鮮語学)
  • 「出張日記」に代えて東アジア学科講師 黒島 規史(韓国語文法)
  • 東アジアへのまなざし 自国民のための異文化理解を優先して東アジア学科教授 申 明直(韓国文学・文化)
  • 新書紹介|榎本英雄・范晓 著『ニューエクスプレスプラス 上海語』白水社(2020年)東アジア学科准教授 野田 耕司(中国語学)