学部長挨拶

矢野 謙一
矢野 謙一
外国語学部長

外国の文化と言語に触れ、さまざまな体験を通し、社会に役立つ人材を育てています。

国内外で活躍できる人材に

 外国語学部は外国語の運用力を身につけ、それを道具に海外や国内で活躍できる人材の育成を目指しています。
 外国語の運用力は、言葉を使う経験、外国語に関する知識、海外の地域について知性と感性を持つことで進歩します。
 外国語学部の教育は、語学のトレーニングで言葉を使う経験を積み、言語についての多様な知識を伝授し、地域研究による相手の国情や社会、文化について教え、外国の文学に接し、豊かな感性を培うことを目指しています。
 これらの教育を通じ、外国語を相手や場面に応じて運用できる能力、各国の背景にある文化や国情を理解できる能力、異文化に接触したときの対処や問題を合理的に解決する能力の修得を目指しています。

二つの学科、三つの言語、日本文化

 外国語学部には、英米学科と東アジア学科があります。英米学科では英語とそれに関連した分野の科目を、また東アジア学科では韓国語と中国語さらにそれらに関連した分野の科目を学びます。両学科とも海外研修や留学の機会を開いており、返済義務のない奨学金を用意し、学んだ言語を現地で使う環境を整えています。またCALL教室など最新の設備が整っており、多彩で効率的な語学教育を行うことができます。
 もう一つの特徴は、日本語・日本文化の教育を重視していることです。日本語教育養成課程を設置するとともに、古典、近代文学を専門とする教員もそろっています。さらに、ドイツ語、フランス語、スペイン語の専門教員も外国語学部に擁しています。

国内外のさまざまな分野に進路が

 卒業後の進路は多様です。最も多いのは、航空会社のCA、旅行会社などのサービス業種です。両学科とも1/4の卒業生が就職しています。次に多いのが銀行、信金といった金融・保険・信販業種です。約1/5の卒業生がこの業種に進んでいます。さらに製造業、小売業といったところが続きます。工場の海外進出が増えるにつれ、製造業の比率は高まると思います。マスコミや日本語教員にも進出しています。
 英語の教員免許が取得できるので、県内外の中学や高校の教員として働く卒業生もいます。外国語学部を卒業すると国内外のさまざまな分野への進路が開けます。

 九州では国境を越えた経済活動がさまざまな職種に及んでいます。この学部で、就職への強力な武器としての外国語を身につけ、学ぶ楽しさを体験し、豊かな人生の基礎を本学部で培ってみませんか。